ガバナー公式訪問

卓話の世界

ガバナー公式訪問

国際ロータリー第2660地区
片山 勉ガバナー 様

【RI第2660地区ガバナー方針】
ガバナー方針は、RI会長テーマをうけて『個性を活かし、参加しよう』と決めました。これはロータリーの基本理念と奉仕活動の充実と実践を表しています。
具体的目標
①基本理念と奉仕活動の実践
②戦略計画(将来構想)の推進
③公益財団法人ロータリー米山記念奨学会財団設立50周年
④ポリオ撲滅
⑤公共イメージ向上
ロータリーの基本理念である「奉仕の理念」の根幹は、親睦と職業奉仕です。ロータリーはリーダーシップと人材育成の場であり、若い世代には人生が変わる機会であり、中堅世代には自己啓発の機会、年長世代には次の世代に伝える機会があるでしょう。
そして、ロータリーの奉仕活動は、年齢・性別・職業を異にする多様な会員が、各自の特性に応じて参加することに意味があります。例えば、若い世代は行動力、テクノロジー、情報力を活かし、中堅世代は知識、企画力、熱意を活かし、年長世代は経験、人脈、資金、時間を活かして、それぞれロータリーの奉仕活動に参加することができます。各RCは、「魅力ある・元気のある・個性のある」クラブを目指して戦略計画(将来構想)を立案・推進してください。
また、地域の特性やニーズに応じた奉仕活動を重点的に継続し、進化させ、ロータリーとは何か、何をしている団体なのかを地域社会に理解してもらうよう努めて下さい。
今年度RI会長がロータリーの奉仕活動について繰り返し述べていることは「成果の見える化」と「成果の持続可能性」です。
ロータリアン・RCの特性(個性)に応じた奉仕活動を行ううえで、この2点を考慮し、必要な手段と手続きをロータリーの主権者であるクラブが自主的に判断し、自らの責任において行動することです。
年次寄付年間目標
①ロータリー財団 年次寄付 1名あたり $150.-
②ポリオ撲滅1名あたり $ 50.-
③ベネファクター各クラブ 1名
④米山1名あたり 30,000円
⑤会員増強各クラブ 純増2名
⑥マイロータリー登録率50%以上
ロータリアン・クラブが光り輝き、皆様のご活躍が心にのこる一年になりますことを願います。

最近の記事

  1. 【第37回吹田産業フェア2022が開催されます】

  2. 【吹田ロータリークラブ・ゴルフ同好会第3回コンペが開催されました】

  3. 【児童養護施設・社会福祉法人・大阪西本願寺・常照園様への防犯カメラ一式贈呈式が開催されました】

TOP