クラブの活動

委員会    同好会


委員会の活動

クラブ奉仕委員会 出席・音楽委員会 会報・記録委員会
広報・雑誌委員会 親睦委員会 プログラム委員会
会員増強委員会 職業分類委員会 規定・情報・研修委員会
会員選考委員会 職業奉仕委員会 社会奉仕委員会
国際奉仕委員会 ロータリー財団委員会 米山奨学委員会
青少年奉仕委員会 ローターアクト委員会 SAA



クラブ奉仕委員会    委員長名:河内 幸枝

1.目標
  1. クラブ運営をより充実させるためのマネージメントに注力する。各委員会所属の委員全員が委員長と一つになって運営する。「明るく楽しく和やかに」を令和元年のモットーとする。
  2. 淀井会長の方針に則り、明るく楽しいクラブ運営を行えるようクラブ奉仕の9特定委員会の連携を図りクラブ運営を円滑に進めてゆく。

2.具体的な実施計画
  1. 新年度がスムーズに立ち上がれるよう次年度クラブ奉仕委員会において準備する。
  2. 適時、クラブ奉仕委員長会議を開催し、各委員会の連携を図りクラブ行事を実行する。
    ㋐ 各委員会において他の委員会に係る案件の周知、連携を促す。
    ㋑ 主要行事の日程を鑑み、提出前にクラブ奉仕委員会にてすり合わせを行い、審議案を提出する。
  3. 計画実施に当たって、委員会からの協議審議事項は前月理事会までにクラブ奉仕委員長宛、議案の提出を願う。


出席・音楽委員会    委員長名:光在 美和子

1.目標
 <出席>
① メイクアップ制度を活用して100%の出席率を目指す。
② 各大会や行事への出席への参加を勧める。
 <音楽>
① 開会前、食事中の音楽は雰囲気づくりを中心に選曲。
② 例会時の歌はロータリーソングを中心に選曲。


2.具体的な実施計画
 <出席>
① ホームクラブの出席率を発表する。
② メイクアップ制度の有効活動により100%出席率を目指す。
③ 例会欠席の事前連絡を徹底する。
④ 出席優秀者の表彰を行う。
 <音楽>
① 毎月、第一例会日は国家斉唱。
② 第二例会以降は年間スケジュールを立てて選曲。
③ 行事に合ったロータリーソングの準備をする。
④ 外国からのゲストがあれば「R-O-T-A-R-Y」とする。
⑤ 例会前にマイクテスト、音響調整、歌の確認を行う。



会報・記録委員会    委員長名:玉岡 尚志

1.目標
  1. 例会の内容、委員会・同好会の活動状況、各事業の報告等について、遅滞なく正確で読みやすい会報を発行する。
  2. 会報作成業務の円滑化・効率化を図る。
  3. 記録の整理と適正な保管に努める。

2.具体的な実施計画
  1. 事務局及びプログラム委員会との連携を密にして、原稿の事前入手に努める。
  2. 「会報編集マニュアル」に基づき、会報作成業務の更なる円滑化・効率化を図る。
  3. 事務局のパソコン等を活用して、会報記録・資料の整理と適正な保管に努める。


広報・雑誌委員会    委員長名:玉岡 尚志

1.目標
  1. 地区、クラブ、会員の活動状況を広報する。
  2. 会員・会員家族に有益な情報を提供する。

2.具体的な実施計画
  1. 吹田ロータリークラブのホームーページの更新・充実に努めるとともに、「ロータリーの友」や吹田市広報誌等を通じて、広報の充実に努める。
  2. 期首に、会長の写真、挨拶分、各クラブ・委員会・同好会の活動方針・活動計画等を更新する。
  3. 「ロータリーの友」配布時に、会員・会員家族に有益な記事・興味深い記事を紹介するとともに、会員に趣味その他の投稿を勧める。


親睦委員会    委員長名:林  眞基

1.目標
  1. 会員及びご家族との親睦を深める事業の企画運営を通じて、会員及びご家族の連帯感を高め、会員相互の理解を深める。
  2. 新会員が早くロータリーに慣れ親しんでもらえるように、しっかりと丁寧にクラブ活動について説明し活動の理解と参画を促す。
  3. お客様が気持ちよく例会に出席していただけるように配慮し、また出席したいと言ってもらえるようなおもてなしを心がける。

2.具体的な実施計画
  1. 例会の設営・受付・後片付けをする。
  2. 例会当日の講師・ゲストの案内をする。
  3. 親睦委員会を適宜実施し、親睦活動の共有化を図る。
  4. 新会員入会時、新会員歓迎会を実施する。
  5. 会員名簿の作成(7月配布)
  6. 記念品のプレゼントの選定・発注・(誕生日・結婚記念日・入会月)
  7. 吹田RCと吹田RACとの交流会(8月)
  8. テーブル仲間の集い開催10月・2月(年2回予定)
  9. 忘年家族会の開催(12月22日【日】於:コンラッド大阪)
  10. 春の家族会企画と実施(3月~4月)
    ㋐ローターアクトとの交流会  100,000円
    ㋑忘年家族会           500,000円
    ㋒春の家族会           400,000円
    ㋓記念品プレゼント        500,000円


プログラム委員会    委員長名:伊藤 眞里

1.目標
 本年度の会長方針である「つながり」を基軸として、吹田RC内のつながり(例会、職業奉仕)、吹田RCと世界とのつながり(国際奉仕)、吹田RCと地域とのつながり(青少年奉仕、社会奉仕)、クラブ発展(増強)という6つの重点目標を切り口としたプログラムを構成し、活力と魅力あるクラブづくりに寄与することを目標とする。
  • RC内のつながり:新会員の卓話はもとより、先輩会員の経験の共有、楽しい趣味や特技紹介などを通して、吹田RCメンバー同士のきずなを深める。また研修の要素を含む卓話を通して、事業所の発展につなげる。
  • 世界とのつながり:ジャパンハート、カンボジア支援、新竹交流に加えて国際大会参加紹介などを通して、世界とのつながり、その意識を強める。
  • 地域とのつながり:地域への支援、未来を担う子ども達への支援の紹介プログラム、防災、減災に関する知識の共有などのプログラムを通して、持続的な地域発展と支援の輪を築く。

2.具体的な実施計画
 上記の目標の各項目に応じて、地区やRIの月間テーマに関連するように、内外の卓話講師を招聘する。特に、各委員会と強く連携して講師の発掘を行い会員増強につなげる。
  • 先輩会員の経験卓話、特技紹介、オリンピック・パラリンピックにちなんだ卓話、疾病予防に関係した研修要素卓話、医食同源にフォーカスした健都の取り組み卓話など
  • ジャパンハートの取り組み、カンボジア支援、ミャンマードクターカーのその後、新竹RC交流、国際大会参加経験者卓話など
  • 地域に根ざして活動中の企業の紹介、交通安全週間にちなんだ研修や防災士卓話、支援学校や関連した取り組み紹介
 以上、プログラム委員会の力を結集して、全力で楽しい例会卓話を開催したい。なお、外部卓話者への原稿お願いの文章の文言について、前委員長より留意事項が提案されたことを受けて見直す。


会員増強委員会    委員長名:中野  聡

1.目標
  1. 新会員の増強
  2. 退会防止

2.具体的な実施計画
  1. 全会員に対し、一年間に最低お一人の例会・各種事業へのゲストを招待することを意識させる。参加した方には吹田ロータリークラブへの理解を深めていただき、会員の増強を図る。
    委員会は積極的に各会員にゲスト招待を促す。
  2. 退会防止に努める。


職業分類委員会    委員長名:中野  聡

1.目標
 職業分類の改訂・見直し

2.具体的な実施計画
 現在の職業分類表において、違和感のある部分を他ロータリークラブの分類表を参考に改訂・見直しを行う。


規定・情報・研修委員会    委員長名:畳谷 久仁子

1.目標
 会員各位に機会を通じて、定款・細則の理解を深める。

2.具体的な実施計画
  1. 新会員へのオリエンテーションを入会後速やかに実施する。
    オリエンテーションには配偶者、スポンサー会員、会長に出席を要請する。
  2. 地区主催のフレッシュロータリアン研修交流会に入会5年未満の会員に出席を要請する。
  3. 年2回の「テーブル仲間の集い」を親睦委員会と連携し実施する。
    座長の人選を行い、事前に座長会議を開催して運営方法を検討する。
  4. 当クラブの中長期的な課題を主題とし、クラブの将来像を検討する「クラブ戦略会議」を開催する。当会議は、理事会メンバーのうち、直前会長、会長、会長エレクト、副会長の4名で構成し、中長期的な課題認識の共有を図る。


会員選考委員会    委員長名:畳谷 久仁子

1.目標
 会員候補者について、その人格、職業上及び社会的地位並びに会員としての一般的な適格性を充分に調査し、その結果を理事会に報告する。

2.具体的な実施計画
 会員増強委員会より推薦のあった候補者について、スポンサー会員から吹田ロータリークラブ会員としての適格性を聴取、審査し、迅速に理事会に報告する。


職業奉仕委員会    委員長名:五十嵐 庸公

1.目標
 吹田RC定款・細則には「ロータリーの目的」第2項に「職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとする」とあります。また第6条の1には職業奉仕はあらゆる職業にかかわる中で奉仕の理念を実施するという観点から会員及び地域に対して「学びの場」を提供することを目的に活動してまいりたいと思います。

2.具体的な実施計画
  1. 職業体験学習
  2. 出前授業の実施
  3. 職業奉仕月間の卓話の実施
  4. 地区委員会への参加


社会奉仕委員会    委員長名:木原 一郎

1.目標
 他の団体と協力し、地域社会の要望をくみ上げ社会奉仕を実践することで、より良い地域社会の構築を目指す。

2.具体的な実施計画
  1. 地域社会活動への参加及び協賛
    ㋐ 薬物乱用禁止活動 ㋑ 献血活動 ㋒ 交通安全活動(吹田市内の事故多発地点の調査)
  2. 地域行事への参加及び協賛
    ㋐ 吹田カメの子会(駅伝大会)(12月)  
    ㋑ 吹田カメの子会(マラソン大会)(2月)
    ㋒ 吹田くわい保存会(5月)
    ㋓ 吹田まつり(7月)
    ㋔ 吹田美術展覧会(8月)
    ㋕ 吹田RACと「無料塾」運営の調査、協力
    ㋖ 吹田産業フェアにて市民無料相談会を職業奉仕委員会と合同で行う。
  3. ノーマイカー例会の実施。
  4. ロータリーの活動紹介等、認知度向上に努める。


国際奉仕委員会    委員長名:井上 博之

1.目標
  1. 国際奉仕活動や姉妹クラブとの交流を通じ、国際親善と国際平和の推進に努める。
  2. 今年度の国際奉仕はカンボジアで実施する。
  3. 会員、家族の皆様に国際交流の機会を提供し、相互理解と親睦を深める。

2.具体的な実施計画
  1. 国際奉仕プロジェクトは地区補助金を受け、カンボジアへの人道的国際奉仕活動
    「カンボジア入院中の子供に安全に医療を届けるプロジェクト」を展開する。
    支援先であるジャパンハートでは、小児がんを含め、様々な疾患を治療する「こども病院」を増設し無償で診断・治療を行っている。
    現在、使用のベッドは成人用の柵の無いベッドの為、転落の危険性が高い。
    具体的には、入院中の子供の転落を防止し、安全・安心な環境で治療する為の3種の柵付ベッドを寄贈する。
  2. 台湾新竹東区ロータリークラブ(姉妹クラブ)に公式訪問し、周年記念を共に祝い相互理解を一層深め親交を図る。
  3. 国際大会への参加を促す。


ロータリー財団委員会    委員長名:髙津  昇

1.目標
 財団からの補助金提供により、ロータリアンは、人々の健康状態の改善、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を促進する活動を行う。ロータリー財団委員会は、補助金プロジェクトの参加と寄付を通じて、財団を支援する計画を立案し実施します。

2.具体的な実施計画
  1. ロータリー財団の活動目的を会員に一層理解いただく活動をする。
  2. 国際親善奨学生の受け入れ、派遣に積極的な活動を次年度に向けて協議する。
  3. 全会員にロータリー財団への寄付を要請する。
    ロータリー財団募金月間を11月と3月の2回設定する。
    一般年次寄付金は、会員1人当たり150US$以上の達成を目標とする。
  4. ポリオ撲滅のための寄付増進を図る。(会員1人当たり50US$以上)
  5. 「地域社会・世界で良い事をしよう。・超我の奉仕」持続性や成果について考える。


米山奨学委員会    委員長名:吉田 忠司

1.目標
 ロータリー米山奨学事業への理解促進と寄付の増進に努める。

2.具体的な実施計画
 米山奨学事業について、会員各位に意義と活動を紹介し、理解を深めていただくよう努める。
  1. 米山奨学事業について、会員各位に対しその意義と活動を紹介し、理解を深めていただけるよう努める。
  2. 寄付金のクラブ目標額一人当たり年間30,000円を、米山募金月間10月、2月2回とする。
  3. 今年度は奨学生の受入は致しません。


青少年奉仕委員会    委員長名:大砂 裕幸

1.目標
  1. 地域の青少年達がより良い生活を過ごし、すべてのロータリアンが若者(新世代・年齢30歳まで)の抱える様々なニーズを認識し、共有し、彼らの人間的・職業的成長を支援する。
  2. 特に、今年度は、吹田で最も支援を必要としている青少年向けに奉仕活動を行うこととします。そのため、支援を必要とする青少年の現状を知るとともに、支援対象とする団体などの調査・研究を行い、具体計画を立て、活動(実施)していきます。

2.具体的な実施計画
  1. 支援を必要とする地域の青少年の現状を知るための調査・研究をし、例会での卓話を通じた情報共有をします。
  2. 具体的には、吹田市内に児童養護施設として「常照園」あるいは「松柏学園」があり、また、肢体不自由な子どもたちのための通園施設として吹田市立わかたけ園、障がい児童施設として吹田市立杉の子学園(3歳児~5歳児)があります。また、児童養護施設として弘済みらい園、児童心理治療施設として弘済のぞみ園があり、他にも施設があると思われます。また、子ども食堂の活動も社会の関心を呼んでいるところです。
  3. 委員会において、これら施設の現状をお聞きし、卓話を通じて会員と情報共有したいと考えます。
  4. これら施設で必要とされ、子どもたちが喜んでくれる奉仕活動が何かを調査・研究し、年度内に実施したいと考えます。
  5. もちろん、従前同様、ローターアクト委員会と協力しローターアクターとの交流を深めてまいります。


ローターアクト委員会    委員長名:樋口 明彦

1.目標
 当クラブが提唱する吹田ローターアクト会員との交流を図り、RAC活動の活性化を図る事でRAC会員の増員へとつなげる。

2.具体的な実施計画
  1. RAC会員に当クラブへの希望や要望を吸い上げ、実現に向けて対応出来るかを検討する。
  2. 会員にはRAC例会への出席依頼をし、RAC会員との交流を深めて頂く。
  3. RAC例会内容を事前に会員へ案内をする。
  4. RAC会員へ今現状の会員数の状況を感じて、今自分達が何をするべきか確認をしていく。
  5. 詳細   ローターアクトへの支援金として渡す。


SAA    委員長名:田中 豊司

1.目標
 例会時の会場監督者として自らの本分を全うし、明るい礼儀正しい例会になるよう努める。

2.具体的な実施計画
  1. 例会時の会場秩序維持
    私語への注意喚起、携帯電話等の使用マナーの徹底を図ると共に、早退・遅刻者の管理監督に努める。
    また、安全の観点から救急対応手順を熟知し迅速な対応を取れるようにする。
  2. 例会時の会場管理、座席指定、食事手配
    親睦委員会・出席音楽委員会との協調を図り、楽しく明るい会場とする為に努力する。
    座席替えは7-8月・9-11月・12-2月・3-4月・5-6月の5回とし、会員相互の親睦を深める。また、テーブル仲間への対応を図る。
    食事手配は現行通りとする。出欠の把握をこまめに行い、やむを得ず欠席する会員は予め事務局に届ける。
  3. 例会時の緊急体制を確認する。
  4. ニコニコ箱への寄付金
    会員の自発的意思を尊重しつつ、ニコニコ箱への寄付を促進する。
    また、寄付金基準表を再検討する。目標を2百万円とする。
    *ニコニコ協力金として会費納入月に、下記の通り徴収する。
    ㋐ 会員本人の誕生月のお祝い(1月・5,000円)、入会月のお祝い(4月・5,000円)を徴収する。
    ㋑ 結婚記念日・配偶者の誕生月のお祝いは、対象者に(10月・10,000円)を徴収する。
    ㋒ 基準表を策定し積極的に協力をする。(一人目標額 15,000円)





同好会の活動

ゴルフ同好会 食べ歩き同好会 映画鑑賞同好会 カラオケ同好会 中国語同好会 文楽同好会 ワイン同好会 観劇同好会


ゴルフ同好会   井上大輔・樋口明彦

●本ゴルフ同好会の会員資格は、吹田ロータリークラブの会員とその家族及び会長、運営委員会が認めたものとします。
●ゴルフコンペ開催日は、原則として平日としますが、週末も組み入れます。

1.役員 会長 紙谷 正行  副会長 松永 茂
2.会員数 年度末現在26名、家族会員1名、元会員4名
3.活動実績

第1回 2018年10月17日(水) 太平洋クラブ六甲コース
(5RC親睦交流コンペ)
第2回 2018年11月21日(水) 関西ゴルフ倶楽部
忘年会 2018年12月13日(木) レストラン ル・ジャルダン
第3回 2019年4月8日(月) アートレイクゴルフ倶楽部
第4回 2019年6月7日(金) 大村湾カントリークラブ
第5回 2019年6月8日(土) パサージュ琴海アイラン
年間打ち上げ会 2019年6月27日(木) 木曽路 江坂店





食べ歩き同好会   紙谷正行・井村卓司

第86回 2016年7月14日(木)
  「ラ・フェット・ひらまつ」(大阪市北区中之島)
    参加者 12名
第87回 2017年1月26日(木)
  ふぐ料理 割烹「大和(やまと)」(大阪市東成区)
    参加者 15名 事務局 1名 計16名
第88回 2017年6月15日(木)
  イタリア料理「カノビアーノ アネックス」(吹田市芳野町)
    参加者 16名 事務局 1名 計17名
第89回 2018年2月17日(土)
  ふぐ料理 割烹「大和(やまと)」(大阪市東成区)
    参加者 14名 事務局 1名 計15名
第90回 2018年8月30日(木)
  ふぐ・魚匠料理「たらふく」北新地本店(大阪市北区曽根崎新地)
    参加者 13名 事務局 1名 計14名
第91回 2019年3月16日(土)
  ふぐ料理 割烹「大和(やまと)」(大阪市東成区)
    参加者 16名 事務局 1名 計17名
    昨年に引き続きIMの後に実施


映画鑑賞同好会    世話役 富永 明

 6月20日、今年度の映画同好会を開催させていただきました。映画の好きな会員が、今まで見た映画の話とおいしい食事とお酒をいただきながら2時間程度の時間を過ごす楽しい会です。
 今回は数作のショートムービーを皆さんで鑑賞し、皆様の評論家さながらの論評で盛り上り、世代を超えた会員の親睦と交流を行いました。
 中には全く映画を見ない人まで参加します。映画を見る人、見ない人もぜひとも参加して楽しい時間を共有してみませんか。


カラオケ同好会   幹事 本田壽子

 1998~99年に会員7名のメンバーで発足致しました。
 又その年度は吹田ロータリークラブ女性会員誕生の年でもありました。
 現在は男性会員15名女性会員5名計20名で活動しております。
 クラブ内では会員同士の和を大切にして世界で自分だけの宝物である美声の披露の場として、毎年メイシアターにおいて大発表会を行ってきました。
 一昨年22回目を最後に新たな歩みをしようとしています。
 小さな勉強会の機会を多くもちメンバーの気持ちが一致したところで、中発表会位は挑戦してみたいとも思っています。
 気楽に参加できるのが、カラオケ同好会ですよ!


中国語同好会   幹事 疋田陽造

 中国語同好会は、創立50周年の1年ほど前、台湾新竹東区ロータリークラブの会員をおもてなしするために設立されました。従って11年間例会の前後に月2回中国語講座を継続しています。講師は、設立当初から王飛先生です。同好会員は、8名ですが、毎回の参加者は、4名から6名です。進捗度は、カメが驚いてしまうほど遅いですが、テキスト「ゼロからスタート中国語文法応用編」もついに終了しようとしています。各人の実力は様々で途中入会でも王飛先生と中国語で冗談を飛ばせる会員もいれば、最初から出席しているのにまだあいさつ程度の会員もいます。1時間半程度の授業は、いつも大笑いの連続で楽しく学んでいます。
 5年ほど前、同好会で王先生の故郷中国大連市に旅行に行きました。大連市の発展は目覚ましく、高層ビルが林立していました。東シナ海と渤海湾の潮がぶつかり海面の色が変わる名所なども案内して頂きました。有名な海鮮料理店での食事も思い出に残りました。本当に楽しい旅行となりました。
 今後講座では、今まで学んだ文法や単語を使ってできるだけ自然な会話が行えることを目指します。ご興味のあるロータリアンがおられましたら、中途でも丁寧に指導致しますので、是非一緒に、隣国である中国の言葉を勉強しましょう。


文楽同好会   世話役 北野龍二

 2007年に今はない「華いかだ」の宴席にて故井上義信会員との談笑の中で大阪発祥の文楽なのに東京公演は満席なのに国立文楽劇場では空席が目立つなどと話しておりました。
 「文楽茶屋に昼食込で席をとってもらっているよ」といった話から一緒に行きましょうとの運びになり、2008年の初春公演の「国姓爺合戦」が初めての同伴だったと思います。
 以来毎公演、会員家族も一緒になり公演がはねての会食も楽しむようになりました。今年度同好会に格上げ?皆さんと楽しんでゆきたいと存じます。

2016年4月2日4月公演
 北野夫妻、井上充代、谷安都子、中川由美子、山口輝美
 「妹背山女庭訓」   …「よたろ」

2016年8月6日夏休み文楽公演
 北野夫妻、井上充代、谷安都子、中川由美子、山口輝美
 「薫樹累物語」
 「伊勢音頭恋寝刃」   …「とり鹿」

2016年11月13日錦秋公演
 北野夫妻・友之、井上充代、谷安都子、大橋夫妻、西形方良、(川上浩邦)
 「増補忠臣蔵」
 「艶容女舞衣」
 「勧進帳」   …此花区「天武亭」

2017年1月7日初春公演
 北野夫妻、井上充代、谷安都子、西形方良、大橋夫妻
 「寿式三番叟」
 「奥州安達原」
 「本朝二十四孝」   …道頓堀「今井」

2017年4月22日4月公演
 北野夫妻、井上充代、谷安都子、中川由美子、立木夫妻、大橋夫妻、西形方良
 「楠昔噺」
 「曾根崎心中」   …日本橋「とり鹿」

「玉藻前曦袂」の化粧殺生石で七変化を使われた
人形遣い桐竹勘十郎さんと講演後に


 2019年11月文楽公演では近松門左衛門の心中ものの最高傑作「心中天網島」を
 11月3日 北野龍二、万紀、川上浩邦、畳谷久仁子、伊藤眞里の5名で楽しみ、公演後には
 *重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された切場語りの太夫「豊竹 咲太夫」師匠に楽屋見舞いの挨拶に伺いました。
 吹田RCの卓話も依頼し、3月に講演了承頂きました。
 心ウキウキ グランヴィア大阪「フルーブ」でワインとフレンチで〆ました。

 2019年には国立文楽劇場開場35周年を記念した通し狂言「仮名手本忠臣蔵」が上演され
 4月公演、夏休み公演、11月公演での全段完全公演の鑑賞に挑戦しました。
 11月文楽公演では
 11月16日 大橋弘一夫妻、河内幸枝、北野龍二夫妻、立木靖子、畳谷久仁子、西形方良、井上充代の9名参加
  「仮名手本忠臣蔵」
   八段目  道行旅路の嫁入
   九段目  雪転がしの段
        山科閑居の段
   十段目  天川屋の段
   十一段目 花水橋引揚より
        光明寺焼香の段



ワイン同好会   北野龍二

[ワインと吉島シェフの料理を楽しむ会] 2017.3.4. 於 アローラデイサービス
 料理は吉島シェフのイタリア料理のお任せコースをケータリングで楽しみました。
 ワインは各自1本持参して料理に合わせて組み合わせました。

参加者:伊藤眞里 河内幸枝 北野夫妻 立木夫妻 淀井満福 木原一郎

出品ワイン
 2014 Ch.Igai Takaha “Ji Yoon” Rose
 2015 Jaubert Bordeaux Blanc
 2015 Riesling Rheinhessen QbA
 2012 Bourgogne Blanc Louis Latour
 2013 Bourgogne Rouge Louis Jadot
 2012 Ch.Lagrange St-julien
 1990 Ch.Lagrange St-julien
     Clos du Val “Zinfandel”



レストランにワインを持ち込んで「ワインとともにフレンチを愉しむ」会を開催しました。

1.日時 2018年6月29日(水) 19時00分(開会)
2.場所 ミチノ・ル・トゥールビヨン
3.ご参加いただいた方々 北野夫妻、柴田様ご夫人、福室、立木夫妻、伊藤

 雨天の中、福島のフレンチレストランに集合し、道野シェフの感性あふれるフレンチとともに、1990年のシャトートロロンモンドとシャトーラグランジュの水平試飲(同年の異なる銘柄の生産ものを比較すること、別年の同銘柄の比較は垂直試飲)を経験させていただいた。トロロンモンドは、コーヒーもしくはチョコレートのようなファーストアタックがあり、そのあとに、熟成された深い味わいが追いかける感じであった。一方、ラグランジュは年数からは思いもよらないくらい若々しく、しかもまろやかなやさしい味わいであった。
 ミチノさんのチョイスのシャンパン(ゴセット)でスタートし、上品なシャブリ(Chablis 1er Cru vaucoupin)、そして、イタリアワイン ブルネッロモンタルチーノを挟んで、上述の水平試飲、シェフの奥様のデセールで楽しい、ワイン会がお開きとなった。

 

  

[ワインと吉島シェフの料理を楽しむ会]   2019.11.9 於 アローラデイサービス

 料理は吉島シェフのイタリア料理のお任せコースをケータリングで楽しみました。
 ワインは各自持参して料理に組み合わせました。

参加者  河内幸枝 立木靖子 北野夫妻 淀井満福 伊藤眞里 麻生満美子

 

出品ワイン
  テタンジュ シャンパーニュから
  仏のロゼ、伊の白、アルザスのゲブルツトラミネール
  1986年のCh.ランシュバージュ
  珍しいラインヘッセンのアイスワインまで
吉島シェフ心づくしのアペタイザーの色々と伊料理と楽しみました。







観劇同好会   幹事 畳谷久仁子

 皆様とご一緒にお芝居やミュージカル、イベントなどを楽しみたいと2018年に発足、人気のある出し物を選んで会員のみならず、ご家族、友人たちも参加して楽しんでいます。

1.2018年7月25日 天神祭 奉行船に乗船 27名
2.2018年9月16日 宝塚歌劇 月組公演「エリザベート」10名
3.2018年12月20日 ミュージカル「レベッカ」8名


天神祭 奉行船に乗船